検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力
商品番号を入力

「入荷待ち」と表示されている商品につきましても、各店舗には在庫がある場合がございますので、お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

只今の商品掲載点数は10,296

W.I.T. スタンダード・エアーソー(低振動&高速切断モデル)

板金作業や、車・オートバイのボディのカスタム等で使用頻度の高いエアソーですが、このモデルは抜群の切断能力を実現し、尚且つ限りなく振動を抑え、静音性とともに、手への負担を極力軽減する事に成功した高性能モデルです。特にその切断スピードには目を見張るものがあり、市販の一般的なエアソーと比較すれば、その作業時間は圧倒的な差を実感出来ます。コンパクトエアーソーより耐久性、切断能力共に優れたモデルで、プロユース向けとなります。

●使用空気圧: 6.3kgf/cm2
●エアーインレット: 1/4PT
●ストローク数: 10000回/分
●全長: 265mm
●重量: 550g
●付属品: 替刃x1

W.I.T. スタンダード・エアーソー(低振動&高速切断モデル)

商品番号 商品名 備考 メーカー
価格
税抜販売価格
(税込価格)
購入数
5008902 W.I.T. スタンダード・エアーソー(低振動&高速切断モデル) 在庫 1個 19,800円
(21,384円)
13,800円
(14,904円)
カゴに入れる

低振動&高速切断が可能な高性能エアーソー!

コンパクト・エアーソー

スタンダード・エアーソー

板金作業や、自動車・オートバイのボディのカスタム等で使用頻度の高いエア-ソーですが、特にこのモデルは振動を限りなく抑え、手への負担を大幅に軽減すると共に、抜群の切断能力を発揮する、高性能モデルです。

実際にその切削スピードには目を見張るものがあります。


サイズの違いで2種類ご用意しており、左側がコンパクトモデル、右がスタンダードモデルです。

スペックは下記の通りです。
<コンパクトモデル>
ストローク数:12000回/分 
全長:147mm
重量: 420g
 <スタンダードモデル>
ストローク数:10000回/分
全長:265mm
重量: 550g 
サイズとしてはそこそこ差があります。



そのスピード切断低振動はどれ程のものか実験をしてみます。

厚み2mm程のスチール板を用意し、「30秒間」でどこまで切れるか試してみました。

今回、比較対照として市販の一般的なエアソーを含めた3つで検証してみました。

切断した印象として、市販のモデルに比べ、手にかかる負担が圧倒的に少なく、音も静かな感じでした。

それぞれの切断結果の比較です。

「市販されてる一般的なエアソー」で、切断時の振動・抵抗が大きく、切断スピードは他の2モデルに比べ、かなり遅い結果となりました。

しかし、意外だったのが、との差が非常に僅差多だった点です。

「W.I.T. オリジナル・コンパクトエアソー」、が「W.I.T. オリジナル・スタンダードエアソー」となりますが、僅かにの方が切断スピードが上だったものの、殆ど差はありませんでした。

もう少し厚い鉄板だったらハッキリとした差となったかもしれませんが、この結果だけでは、性能差が殆んど無い事になります。

では、どこの差があるのかというと、、、

実際に製造元にその違いを確認してみた結果、どうやらコンパクトモデルとスタンダードモデルでは、内部のパーツのクオリティが異なる様です。

つまり、特に長期間の使用において、切断能力よりもむしろ耐久性の部分で大きな差が出てくるとの事です。

安価で取り回しのし易いコンパクトモデルはプライベートユーザー向け、頑丈で安定感のあるスタンダードモデルは使用頻度の高いプロユーザー向けと考えた方が良いです。

尚、コンパクトエアーソーには刃の取り付け部分にφ5mmの穴が開いていますので、別売りの軸径5mmのエアーソー用のヤスリが装着可能です。
(スタンダードモデルには装着出来ませんのでご注意下さい)


メーカー:
W.I.T.
関連カテゴリ:
メーカーでさがす > W.I.T. > エアーツール
種類・用途でさがす > エアーツール > 切削・研磨用エアーツール

その他のオススメ商品

W.I.T. エアーソー

販売価格(税抜): 7,800 円

一般的な安価なエアソー。

LENOX プロツールルーブ(PTL-1)

販売価格(税抜): 1,300 円

切削作業時に併用すると切断能力、刃の寿命を大幅に延ばす事が出来る切削油。

LENOX エアソーブレード(5枚入り)

販売価格(税抜): 2,800 円

LENOXの高品質なエアソー用替刃。

W.I.T. ボールジョイントエアープラグ

販売価格(税抜): 780 円

360°回転する上、角度がつけられる為、エアーホースの捻れを防止し、又、狭い場所でも逃がす事が出来ます。