検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力
商品番号を入力

「入荷待ち」と表示されている商品につきましても、各店舗には在庫がある場合がございますので、お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

只今の商品掲載点数は10,296

W.I.T. ブラインドベアリングプーラーセット

車、バイク問わずエンジンやミッション関係をO/Hする際に行なう作業がベアリングの交換作業になります。軸型のベアリングの場合外掛けのプーラーで取る事が出来ますが、穴に入ったベアリングは内掛けタイプのプーラーでなくては外す事が出来ません。このセットにはヤグラタイプとスライディングハンマーの両方が含まれている為、状況に応じて使い分けられます。バイクのクランクケースやスイングアームに打ち込まれたベアリングにもオススメです。
先端アタッチメントサイズ:8、10、12、15、17、20、25、30mm

W.I.T. ブラインドベアリングプーラーセット

商品番号 商品名 備考 税抜販売価格
(税込価格)
購入数
5001927 W.I.T. ブラインドベアリングプーラーセット 在庫有り 15,800円
(17,064円)
カゴに入れる

ヤグラタイプとスライディングハンマーが両方付属!


この内掛け用ベアリングプーラーセットには、ヤグラタイププーラー+スライディングハンマーが組まれ、先端アタッチメントのサイズは8、10、12、15、17、20、25、30mmと豊富に揃っていますので、大小様々なベアリングの内径に合わせて使用することが可能です。


内掛けベアリングプーラーの最も重要とも言えるのが、この写真のアタッチメントです。この部分の精度やサイズがしっかりしていないと、ベアリングをしっかり固定できません。簡単な見分け方としては、アタッチメントを拡げる為のテーパーボルトを抜き、内側からから見た先端部分が上下左右均等な+型になっている事、アタッチメント先端のベアリングに差し込まれる部分が真円になっている事の2点が重要です。



では実際にベアリングを外してみます。

まず、ベアリング内径に合ったアタッチメントのテーパーボルトを十分緩め、ベアリングにセットします。
(テーパーボルトのネジ部と先端部にグリスを塗布されておくと、動きがスムーズかつ磨耗が軽減出来るのでオススメです。)

アタッチメントの適合サイズは、両モデル共ケース内に記載がありますので、後はベアリングの内径をノギスで計るだけです。



ここで一度チェックして頂きたいのがこの写真です。

横から見てベアリングに対してアタッチメントが90° となっているか確認して下さい。
この時にナナメに固定されていたりすると、アタッチメント先端の爪の一部分に大きな力が加わり、破損する可能性もあります。

瞬間的に大きな力が加わるスライディングハンマーでは、特に要注意です。



アタッチメントをしっかり奥まで差し込んだ状態から、テーパーボルトを締め付けます。
しっかりアタッチメントを固定した後、プーラー本体をセットします。

本体のネジをアタッチメントにセットした後、両側のスライドアームの位置をアレンキー(ヘキサゴンレンチ)で固定します。



いよいよ、ベアリングを抜きに掛かります。

本体のセンターボルトをアレンキーで固定し、センターナットをレンチで回します。

今回はKNIPEX プライヤーレンチを使用します。
ボルトやナットを連続して回す作業では、この工具はホント便利です。

回し始めは硬かったのですが、「バキッ!!」という音と共にベアリングが抜け始めてからは、プライヤーレンチに掛けるトルクも軽くなり、するすると抜けてきました。



急にナットを回す力が軽くなったと思ったら、既に抜けていました。
自動車もさる事ながら、オートバイや4輪バギー、エアーツールなど、回転軸部で多く使われている事が多いので、ベアリングのアップグレードや定期的な交換は効果絶大(!?)です!!
メーカー品と比較して価格もお手頃ですので、とてもオススメなアイテムです。




メーカー:
W.I.T.
関連カテゴリ:
メーカーでさがす > W.I.T. > 自動車用特殊工具
種類・用途でさがす > 自動車用特殊工具 > エンジン・その他

その他のオススメ商品

WIT ミニベアリングプーラー

販売価格(税抜): 1,980~2,380 円

外掛け式のミニベアリングプーラー。