• トップページ
  • ご利用ガイド
  • ショッピング
  • 取り扱いメーカー
  • スタッフブログ
  • 店舗紹介

Now Loading...


ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

The report on May 11 , 2014

スナップオンジャパン訪問記1 ~ここはまさにテーマパーク?~



こんにちは! 板橋本店の小澤です。

本日は、またまた突撃取材??

工具好きなら誰もが知っている超有名ブランド、Snap-on(スナップオン)

その正規日本代理店であるスナップオンツールズ(通称スナップオンジャパン)様の本社に行って参りました~!!

私も初めての訪問ですのでドキドキですっ!!

場所は東京新木場。
遠くからも良く目立つ真っ白な建物には、デカデカと真っ赤なSnap-onのロゴマークが入っていました。

ここから既に私のテンションは↑↑です!!



敷地内に入るや否や、目に飛び込んできたのは真っ赤に塗装されたSnap-onの専用トラック

ユーザーにタイヤチェンジャーなどを紹介する際に使用するトラックとの事で、見た瞬間に、、、カッコイ~~!!w( ̄△ ̄;)wおおっ! と叫んでしまいました。



早速お邪魔させて頂きます、、、( ̄ー ̄)ニヤリッ.

入るなり、自動ドアにも「 Snap-on 」、、、



エレベーターにも「 Snap-on 」、、、



自動販売機にも「 Snap-on 」、、、

ともかく、どこもかしこも「 Snap-on 」で、カッコイイのです!!

スナップオンジャパンの方々には見慣れた普通の光景なのでしょうが、一工具ファンとしてはどこに目をやっても感動してしまいます、、、(^^;)

入り口から直ぐのところに、「これが私たちの会社です」という看板がありました。

「使命」、「信念」、「価値」、「ビジョン」を高らかに宣言したスナップオンの誇りを感じ取れました。



エレベーターを上り、進んでいくと、通路には無造作に超レアなスナップオンのグッズやオブジェが並んでいます!!

うぉ~これ欲しい!!! というものが沢山ありましたが、勿論、全て非売品です。

これらをじっくり眺めているだけでも時間が過ぎてしまい、中々先に進めません、、、(^^;)



角を曲がると今度は今までの年賀状やらなにやらが展示されており、またまたじっくり見入ってしまいました、、、。

今回私が立ち入ったのはホンの一角ですので、恐らくは、建物中にこの様な貴重なものが展示されているんだろうな~と思うと、とても感慨深いものがあります。

以前訪問させて頂いた当社スタッフが「テーマパーク」という言葉を使っていましたが、まさに工具好きには堪らない空間です。(* ^ー゚)ノ

そして今回の目的の1つ、BAHCO(バーコ)のショールームに、、、大分時間を掛けながらも、、、ようやくの到着です。



扉を開けると、BAHCOのイメージカラーであるオレンジ色が目に飛び込んできました!

以前当社のスタッフが訪問した際にはショールームが出来たばかりで、展示数も少なく、棚もありませんでしたが、今回とても綺麗に陳列されている事に加え、驚いたのがそのラインナップの数!!

今まで、BAHCOというとアジャスタブルレンチ(通称モンキーレンチ)とハンドソー、ホールソーなどの切削工具のイメージが強かったのですが、最近は高性能なロールキャビネットやジャッキを始めとする油圧系の工具が加わり、非常に賑やかなラインナップとなっています。



しかしそこまでは予想していたのですが、それ以上に様々なハンドツールやエアーツール、ツールバッグ、ツールケース、その他の作業工具・道具の数々が所狭しと並べられており、圧倒されるものがありました。

BAHCOは1886年の創業の歴史あるメーカーで、何と言ってもアジャスタブルレンチ(モンキーレンチ)を世界で初めて発明した事で知られています。

1891年の発明以来120年以上の歴史の中で、BAHCOのアジャスタブルレンチがモデルチェンジしたのはたった6回だけという事からも、発明当時からほぼ完成されたフォルムであった事が伺えます。

ちなみにBAHCOのロゴの下にFish & Hook(魚と釣針)のマークが付いているのは、一時期SANDVIK(サンドビック)社の傘下にあったときに、BAHCOの一部門で釣り針を作っていた事によります。

その後サンドビック社からは分離され、現在はアメリカのスナップオングループに属しています。

その証拠に近年スナップオンのアジャスタブルレンチを始めとするいくつかのアイテムは、生産ラインをBAHCOと統一し、BAHCOの製品に似た造りに変更されています。

今回製品を拝見させて頂いた際にも、BACHOからスナップオンにフィードバックされている製品や、逆にスナップオンからBAHCOにフィードバックされている製品がいくつもありました。

傘下に入ってから大分時間が経ちましたが、相互の技術提供が進んでいるのが感じ取れます。


今回展示されていたBAHCO製品について詳しくご紹介させて頂こうと思うのですが、長くなってしまいますので、次回に持ち越させて頂きたいと思います。

代わりに、一緒に展示されていた他メーカーの製品を簡単にご紹介させて頂きたいと思います。



まずはLINDSTROM(リンドストローム)

非常に高価な事でも知られる握りもの系のメーカーですが、その性能の高さからコアなファンが多いメーカーです。

私も実物を見るのは久しぶりでした。



アメリカの有名な防爆工具メーカー、AMPCO(アンプコ)です。

防爆工具というと聞きなれないかもしれませんが、爆発を防ぐという名前の通り、火花を発生させない事を主軸にした工具です。

素材にはニッケル・アルミニウム・銅合金を使用しています。

一般的な防爆工具にはベリリウム系の素材が採用されている事が多いのですが、人体への影響を考慮し、安全性の面から上記の素材が採用されているとの事です。(一部の工具は強度の問題からベリリウムを採用している物もあるそうです)

これらの素材は、打撃や落下に見舞われても「火花が出ない」という特性を持つ為、これを使用した防爆工具は石油などの化学工業の現場では必須とされています。



こちらもご存知の方が多いかもしれませんが、マグワイアーズ。

100年以上の歴史を誇る、世界でも有名なカーケア用品メーカーです。



こちらは、MIRKA(ミルカ)

1943年にフィンランドで設立された有名な研磨材メーカーで、自動車業界、自動車補修塗装業界、複合材メーカー、木工・家具業界、金属表面処理業界に向けた研磨材の製造と供給を行なっています。



こちらは当社でも取り扱っているPermatex(パーマテックス)です。

元々Loctite(ロックタイト)社より分かれたメーカーで、 液体ガスケット系はこのメーカーが製造し、LoctiteにOEM供給しているそうです。

スナップオンツールズさんも、メインのスナップオン製品以外にも色々なメーカーを扱っているのですね!

次回はBAHCO(バーコ)のショールームをじっくりご案内させて頂こうと思いますので、乞うご期待下さい!!


本日も最後までご覧頂きましてありがとうございました。

板橋本店の小澤がお送り致しました。