ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

The report on April 24 , 2013

スナップオン・ジャパンの新製品発表会に、まさかの突撃取材!?

こんにちは!板橋本店の小澤です。

つい先日の事です。。。

朝、通勤中に自転車を漕いでいた時の事、、、。
突然ケータイが鳴り、当社のボスから着信があり、、、 恐る恐る出てみると??

ボス「今からスナップオン・ジャパンの新作発表会に行くから5分で支度してっ!」

私「え?、、、ええ~!?」

その後猛ダッシュして板橋店に駆け込み、カメラとバッテリーと名刺を引っ掴み、さらわれる様にボスの車に乗り込み、会場に向かいました・・・。(^^;)

場所は幕張のホテル・ニューオータニとの事!

突然の事で軽いパニック状態でしたが、思えば1年前のヨーロッパ出張も出発1週間前になって突然言われた事もあり、段々この展開にも慣れてきた感が・・・!?(-_-;)

しかし、それにしてもスナップオンのイベントとは、、、私も初めての事ですので、期待に胸が膨らみます!!



道路が異常に混んでいた事もあり、ギリギリ駆け込む様な形になってしまいましたが、「スナップオン 新製品発表会&ビジネス交歓会」と題された、ニューオータニ2階の大広間には、既に多くの方が詰めかけており、丁度会が始まったところでした。

照明を落とし真っ暗になった会場の中央には、どでかいスクリーンにスナップオンのPR動画が映し出され、クラブさながらの大音量が響き渡るカッコイイ演出には、流石スナップオン!と思わずにいられませんでした!!

スナップオン・ジャパン神宮寺社長のご挨拶が終わると、早速新作発表に移ります。

ちなみに、1つ商品を紹介する度に一旦照明を落とし、カッコイイPR動画が流れます。その後商品にスポットライトが当たり、担当スタッフによる詳細な説明に移るのですが、この演出がなかなかニクイのです!!

そして最初の商品の登場です。

その名も“QUADRIGA(クアドリガ)”!!

最新のテクノロジーを内蔵したレバーレス・タイヤチェンジャーで、何と業界初のレーザースキャニング機能を搭載しており、ホイールやタイヤの形状や寸法を自動認識する事が出来ます!!

これにより、今までは豊富な知識と経験を必要としていた扁平タイヤの作業をフルオート化する事が可能となり、誰でも簡単確実に作業をする事が出来る様になりました!!

ご説明頂いたご担当者様もしきりにおっしゃっておりましたが、「女性でも簡単に作業が出来る」との事です。

流石これだけの機械となりますので、お値段もなかなかのもの。車がまるまる買えてしまう程の金額です。(^^;)

しかし、確かにこれだけのものがあれば、どれだけ作業が楽になるだろう、、、と思いを馳せずにはいられません。

ちなみに、「QUADRIGA(クアドリガ)」とは「4頭の馬」という意味を持ち、テーブル回転用モーター、油圧モーター、レバーレスツール上下移動モーター、テーブル前後移動用モーター、という4つの動力(モーター)を搭載している事を表しているそうです。




実際にデモンストレーションをして頂いたのですが、見ているだけでも操作が簡単そうだという事が良く判りました。

ホイールを転がしてリフターにセットするだけで、タイヤの直径を測定してくれる為、ホイールをテーブルに押し上げた際にちゃんと中心に来る様に自動で調整してくれる点には驚きました!

油圧式パワークランプでホイールを固定した後、上下のビードブレークを行ないます。

その際には、何とCCDカメラレーザーポインターを使用し、リムのセンタードロップ形状を認識します!
これによって、その後の作業を自動で最適な位置に調整してくれるという、「自動」のオンパレードです。(*^^)



そしてビードのリフトアップが始まると、まるでリンゴの皮を剥く様に、面白い様にタイヤが外れていきます。

完全にビードリフティングをする前に、一時的に動作が止まりますが、これは上ビードが全周に亘り完全にドロップに落ちているかどうかの確認を作業者に促す為です。

もし一部分でも落ちていない箇所があれば、左写真のビードプッシャーを用いてドロップに落とし込みます。

続いて下側ビードの作業に移行し、完全にタイヤを取り外す事が出来ました!w( ̄△ ̄;)wおおっ!

今回はタイヤの取り外しのみでしたが、もちろんタイヤの組み付けも楽に行なう事が可能です。



外したタイヤを見てみると、ビードに全くキズがついていません。

従来のタイヤチェンジャーだと、どうしても大なり小なりキズを付けてしまう事があるのですが、このクアドリガは、各種のセンサーやレーザースキャニング機能による微調整が行われる為、キズを付けてしまう可能性が格段に低くなっているのも魅力の1つです。

流石はスナップオン!と言わしめるだけのクオリティを備えたモデルですヨ!(^ー^)ノ



お次はこちら!!

スナップオンの最新型スキャンツール“MTG2000”です。(*^^)

国産乗用車8メーカー、欧州車9メーカー、トラック4メーカーの合計21メーカーに標準対応した機種です。

今の時代を感じさせる機能としては、タッチパネル式Wi-Fi機能の搭載です!

Wi-Fiで連携させる事で、スマートフォン、タブレット、パソコンなどで遠隔操作出来てしまうとの事です。



形もシンプルながらもカッコよく、スタイリッシュな感があります。 

実作業における機能としては、エンジンはもちろんのこと、トランスミッション、HV、ABS、エアバッグ、電動パワステなどのデータモニタが可能で、数値だけでなく、グラフでの表示も可能な点は嬉しいところです。

作業サポート機能としては、HV車のブレーキエア抜き、整備モード、日産車の急速TAS学習、トラックのDPF強制再生、インジェクターID登録、欧州車のサービスインターバルリセットなど、需要の高い作業にはもちろん対応しています。

又、パワーバランス、冷却ファン駆動、電動ウォーターポンプ駆動など各コンピュータに診断機から信号を送り、強制的にアクチュエータを作動、停止させるなど、様々なアクティブテストを行なう事が可能で、今月1日から始まった「スキャンツール活用事業場」認定制度にも勿論対応しています。



最後はこちら、グローバルOBD-Ⅱスキャナーの最新機種“MS600”です。

先日当社でご紹介させて頂いた“MS500”の後継機種となりますが、機能的にはMS500と殆ど変らない為、機能詳細は省きますが、大きく変わった点はタッチパネル式になり、モニタが大きく見やすくなった点です。



新作発表会が終わると立食パーティが始まりました。

しかし、私は会場のあちこちに鎮座しているスナップオンのツールボックスに興味津々で、それどころではありませんでした。。。(^^;)

個人的には工具箱の上に乗っかっているオブジェが欲しくてたまりませんでした。。。



始めて見るモデルやカラーリングのものも多数あり、夢中で写真に収めてしまいました~。

やっぱりカッコイイですね~!(* ^ー゚)ノ



こちらのモバイルツールチェストは結構便利そうでしたね!

伸縮可能なトローリーハンドルも備えていて、移動もラクラク。耐久性もありそうでした。

しかし、食事そっちのけで写真を撮っていたら、美味しそうな料理を殆ど食べ逃してしまいました。。。(-_-;)


今回、初めてスナップオンのイベントに参加させて頂きましたが、とても有意義な体験でした。(*^^)

何より、私たちが求めていたスナップオンの有るべき姿と言いますか、まさに王者の貫録を感じる事が出来たイベントでした!!

ほかの工具メーカーさんでも新作発表でここまで出来るところはなかなかないのではないでしょうか??

快くお招き頂いたスナップオン・ジャパンの皆様、本当にありがとうございました!!

余談ですが、スナップオン傘下のBAHCOブランドにも今後大きな動きがありそうですよ!

乞うご期待下さい。\(o⌒∇⌒o)/


本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

板橋本店の突撃取材係・小澤がお送り致しました。