• トップページ
  • ご利用ガイド
  • ショッピング
  • 取り扱いメーカー
  • スタッフブログ
  • 店舗紹介

Now Loading...


ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

The report on November 04 , 2012

一大イベント!PB SWISSTOOLS Fan Meeting を開催!!

こんにちは!板橋本店の小澤です。
(^ー^)ノ

今回は、11/3(土)に板橋本店で開催した、

"PB SWISSTOOLS Fan Meeting"

の模様をご紹介させて頂きたいと思います!


"PB SWISS TOOLS Fan Meeting" とは・・・??

スイスを代表する工具メーカーにして、その品質の高さとデザイン性の良さから日本でも非常に人気の高いドライバーブランド“PB SWISSTOOLS”のエバ社長をお招きし、ご来店されたお客様にエバ社長自らプレゼンテーションを行なったり、日本のエンドユーザーと直接意見交換を行なったりする場として企画された、当日限りのスペシャルイベントだったのです!


私も今年3月のヨーロッパ出張以来ですので、再会をとても楽しみにしておりました!!(*^^)


今回、PBの代理店である喜一工具様にご協力頂き、この Fan Meeting の為にスペシャルプライスのアイテムを特別にご用意して頂く事に!!

当店でも大人気の無反動ハンマーや自転車専用ツール・レインボーカラーのドライバー・L型レンチ等、PBを代表するアイテムがズラリと店頭に並んで見応えも十分!

ヘキサゴンレンチを使用して実際にかかるトルクを計測する事の出来るデモキットなどもご用意して頂きました。

実際にエバ社長の、13時からでしたが、事前にWeb上等で告知していた事もあり、10時にお店がオープンしてからすぐにお客様が駆けつけて頂き、時間と共に店内も大混雑に・・・!

実際にヨーロッパの工具メーカーの社長と直接話ができるとあって、PBファンの方はもちろん、工具に深い思い入れのあるお客様が多数お越し頂き、エバ社長の登場を今か今かと待ちます。

中にはバッチリと正装して来て頂いたお客様も数名いらっしゃったりして、本当に頭の下がる思いでした。


13:00になるとついにエバ社長が登場!!

「お久しぶりです」と声をかけると、嬉しいことに向こうも覚えていて下さった様で、「お久しぶり、元気だった?」と返して頂きました。(もちろん英語で)

そのままフロアに向かわれると、お集まり頂いたお客様の間から自然と拍手が巻き起こります。


今回、告知期間が少なかったにもかかわらず、我々も予想しなかった程大勢のお客様にお越し頂きました。

すぐにエバ社長直々のプレゼンテーションが始まったのですが、エバ社長からの一方通行の話ではなく、質問があったら話の途中でもどんどんぶつけてほしい、とのエバ社長の意向もあり、当社スタッフやお客様からの質問を交えた双方向の有意義な意見交換の場となりました。

話はまず、PBの歴史からスタートし、農耕器具の生産から始まったこと、第2次大戦時の需要から工具の生産に着手したことなど、これまでPB社が歩んできた長い期間、そしてその中で喜一工具様を中心とする日本との45年に及ぶ深く強い絆の事など、ヨーロッパ出張の時もお伺いしましたが、日本を非常に重要なパートナーとして見ている事を重ねておっしゃられておりました。

そして、PB製品の材質や製造過程について話が及ぶと、お客様からの質問も活発化します。

エバ社長からのお話とお客様からの質問の回答などをここで全て書くことはできませんのでいくつか抜粋して記載させて頂きます。

まず、製造段階においては生材の段階から始まり全行程で綿密なチェックと耐久試験を繰り返しているとの事で、特に、他メーカーなどでは大きなトルクをかけての破断試験というのを良く行っていますが、PB社ではこれに加えて、一定トルクでの繰り返し使用によって何回まで耐えられるか、という試験を行なっているそうです。

実際に工具が壊れるのは、一度に大きなトルクをかける事よりも、長期間の使用による金属疲労の蓄積の方が多い為、より現実の作業環境に則した試験を導入しているとの事です。

この背景には、PB社の根本的な考えが反映されており、会社の規模を大きくし商品を多く販売していく事よりも、仮に会社の規模は小さく販売量は少なくても、高い品質を維持し続け、ユーザーがより長く、信頼して使用できる製品を供給する事、をPB社、そしてエバ社長が目指している事に起因しています。
これについては繰り返しエバ社長もおっしゃられており、お客様から、

「日本で現在様々な有名ドライバーメーカーが林立している中での今後の日本での展開・展望は?」

と質問された際にも、販売量のみを追い求めているメーカーとは違い、前述の様な品質の維持、そしてそれに伴うブランディングを最重要に考えている旨の回答がありました。

これはまさに私たちワールドインポートツールズが欲する答えでもあり、完全に意見が一致する部分でもあります。

私たちも多数のブランドメーカーを扱っていますが、近年の経済危機を背景に、工具業界の中には販売量を追い求めるあまり従来の品質が失われつつあるメーカーや、値崩れを起こしてブランド価値が弱まってしまっているメーカーも見受けられるのです。

そんな中、エバ社長のおっしゃられた事は、頼もしいの一言でした!

 

 


材質の話の中で、先日のブログでも触れたバニラ アロマに関する情報もより詳しく聴く事が出来ました。

以前より懸案だったPBドライバーのグリップのニオイを改善する為に、最近では素材を混ぜ合わせる際にバニラ アロマを混入させる事で、ニオイを打消し、バニラの香りをつけているのですが、
「何故にバニラなのか??」
そんな素朴な疑問にも回答して頂きました。

色々な匂い・香りの試験を行なった結果、バニラの香りが最も人の記憶に残り易かったそうなのです。
因みに、バニラを選択したのはエバ社長自らとの事。

余談ですが、工場自体がバニラの香りでいっぱいになっているそうですよ!!(*^^)


又、PBの多くの製品には他メーカーでは採用されていない、独自のスプリングスチール(バネ鋼)が採用されているそうで、その配合や製法は企業秘密との事。
その強度、耐久性にはかなりの自信が伺えました。

当初、プレゼンテーションの時間は30分を予定していたのですが、お客様の真剣な眼差しによってなのか、1時間にも及ぶものとなりました。
更にプレゼンテーションが終わると休む間も無くエバ社長は、個々のお客様と意見交換を始めていました。

どのお客様も、訊きたい事が山ほどあった様子で、エバ社長も引っ張りだこでした。

エバ社長の熱意も相当なもので、13:00からぶっ続けで熱心にお客様との意見交換をされた上、予定していた終了時刻の17:00を過ぎても少しでもユーザーや我々スタッフから有益な情報を得ようと精力的に話を続けられ、代理店である喜一工具様もタクシーを呼ぶに呼べず、、、などという一幕もありました。

ちなみに、本日2万円以上PBの商品をお買い上げ頂いたお客様に、なんと今回の為だけに特別に造られた、非売品の限定インサイダー(ビットドライバー)がプレゼントされました!!

中にはエバ社長にサインを求められるお客様もいらっしゃり、エバ社長も快くサインに応じられていました。

PBのハンマーやヘキサゴンレンチなど、購入された工具にサインして頂き、エバ社長とツーショットで記念撮影をされるお客様が非常に多く、我々スタッフも予想していなかった展開にびっくりです!!

以前私が書いたヨーロッパ出張のブログを読み込んで頂いているお客様も結構いらっしゃって(ありがとうございます!!)、実際にエバ社長とお話をされたお客様からは、「小澤さんが書いていた通りの人だったね~」と、その気さくで熱意あふれる人柄にとても好印象を持たれたようです。

ちなみに、エバ社長の着ていたジャケットですが、限定インサイダーと同じ紅葉柄、、、
実はこの日の為に特注でご用意されたものの様ですヨ!(*^^)


本日も最後までブログをご覧頂き本当にありがとうございます。

そして、今回“PB SWISS TOOLS Fan Meeting"にお越し下さいました皆様、本当にありがとうございました。

又、貴重な機会をご用意して頂き、今回の事にも大変尽力して頂いた喜一工具の皆様に深くお礼申し上げます。


・・・実はこのFan Meetingにはこの後、続きが??、、、乞うご期待下さい!!


板橋本店の小澤がお送り致しました。