• トップページ
  • ご利用ガイド
  • ショッピング
  • 取り扱いメーカー
  • スタッフブログ
  • 店舗紹介

Now Loading...


ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

The report on April 27 , 2012

EUROツールショーリポート“番外編” in デュッセルドルフ ~ラーメンを求めて!?~

こんにちは!板橋本店の小澤です。

EUROツールショーリポートは前回までで本編は終了となりましたが、最後の締めくくりとして今回は番外編をお送りしたいと思います。

それはツールショーの取材を終えた最終日の出来事、、、。

私達はある目的の為にケルンを飛び出しアウトバーンを車でひた走っていました!

向かった先はケルンからおよそ50~60km程北にある街、デュッセルドルフ

車で40分程の距離になります。
一体何故デュッセルドルフに向かったのか??

それは、一通り仕事が終わった瞬間にボスから出た一言から始まりました。。。


ボス 「・・・ラーメン食いてぇ」

私 「・・・ラーメン! 、、、食いたいっすねぇ」



そろそろドイツ料理にウンザリしていた私達。。。

そこに、たまたま一緒にいたボスの古くからの友人で、現在ドイツ在住のAさんがこんな一言を。


Aさん 「デュッセルドルフにうまいラーメン屋がありますヨ」(*^^)


・・・その一言で全てが決定しました。

車での移動とか、どんだけ時間がかかるとか、そんな事はもう全く関係ありませんでした。。。


いざ、ラーメン屋へ!もといデュッセルドルフへ!!
デュッセルドルフにはドイツ国内でも最大の日本人街があります。

そこでは普通に日本人が沢山出歩いており、聞こえてくる言葉も日本語ばかり。

立ち並ぶ店は日本料理屋がズラリ!w( ̄△ ̄;)wおおっ!

「これだよ、これ!!」

日本食に飢えていた私達は、日本語の看板を見て大興奮!!

そしてその中に“麺処”を発見!!
そこにはここ数日間求めていた光景が・・・!!

ビールのみはドイツの黒ビールというチョイスになりましたが、もちろんキリンビールもありましたヨ♪

何より、日本人が経営している店だけあり、日本で食べるのと遜色ない味に大満足!

やっぱり食べなれた日本食(それも大衆食)が一番胃にやさしく感じます。(*^^)

今回の出張中も、夜ホテルに戻るとコンビニのおにぎりや煎餅を食べてホッとしている自分がいました。。。


ボス 「今度ドイツ来る時は絶対デュッセルドルフだね」

私 「ええ、絶対デュッセルドルフです!!」


・・・2年後の出張の滞在先が決まりました。。。(^^;;
デュッセルドルフに来たついでに、ハードスケジュールだったこれまでの3日間に出来なかった“観光”というものを少しだけ体験出来ました。

ボスの旧友であるAさんに案内され、日本人街から少し離れた市場にやって来ました。

ヨーロッパの雰囲気満点の市場の風景に心が躍ります。(^ー^)ノ
中にはこんなお店も・・・!?

何と、ジャガイモ専門店

様々な種類のジャガイモがズラリと並ぶ様は壮観でしたが、ジャガイモだけで商売が成り立つとは・・・・・!流石はドイツ!
市場を抜けて、市庁舎前を通り、様々なお店が立ち並ぶデュッセルドルフの中心街へ向かいます。

ここまで来て、ようやくヨーロッパらしい雰囲気の街並みに出会いました。

ケルンやフランクフルトも良いのですが、どこか街全体が暗い感じの色調で、いまいち綺麗なヨーロッパの風景、、、という印象を受けないでいました。(夜景は綺麗でしたが・・・)


しかし、ここに来て、何となくミラノ的な明るい色彩の街並みに出会い、ようやっとヨーロッパに来た実感が沸いてきました。(*^^)

正直ドイツもなまじ先進国だけに街を歩いていてもほとんど違和感がなく、ここに来るまで海外にやってきたという実感があまり沸いていなかったのです。。。

そういう意味ではアジアの方が異国情緒を感じられるかもしれませんね!
ちょっとここで雰囲気の良さそうな地元のバーに入ってみました。
ここはビールを製造する機械をガラス越しに見ながら飲む事が出来るバーで、観光客も多く来ていました。

早速、「お疲れ様」の乾杯です。

ドイツのビールは本当に美味しいですね。(*^▽^*)

ちなみに同じ銘柄のビールでも街によって味が違うんだとか・・・。
こちらはビールを置くコースターなのですが、何やら数字が書き込まれていますが、、、?

これは、ビールを持ってきたドイツ人のウェイターさんが、金額の勘定をその場でコースターに筆算したものです。

それを見て、「この位暗算しようよ」と正直思いましたが、実はドイツ人、というよりヨーロッパ系の人たちは計算が苦手な人が多い様です。

それはヨーロッパには九九に相当するものないからで、日本人なら一瞬で出来る簡単な暗算も、ヨーロッパ人にとっては結構大変なのだそうです。

タクシーなどで大きなお金を出すと、おつりの計算が大変な為、結構嫌がられたりもします。
(チップ含みで多く渡した場合は大喜びでしたが・・・)

ちなみにインド人が数学に強いと言われるのは、日本の九九より更に凄い、二桁×二桁の暗算を習っている為ですね。
再び街を散策。。。

アジア圏と違い、お店の看板などがせり出していない為、街が凄く綺麗に見えます。。。(^^;;
その中にちょっとお洒落なお店を発見!

気になって中を覗いて見ると・・・!?
じゃ~~~ん!!w( ̄△ ̄;)wおおっ!

そこは包丁をメインとしたキッチン周りの金物専門店!

「うわ、ここすげぇ!」
「これ、ファイブスターの包丁じゃん!しかも安っ!!」

ずらりと並ぶ本場ドイツの高品質な包丁に、私とボスは大興奮!

それを見たボスの旧友であるAさんがポロリと一言。

「ここ、私なら5分と居れないですねぇ」

確かに、こういうお店で大興奮出来るのは私達工具屋ぐらいかもしれません・・・。(^^;;

工具ではありませんが、品質の良い“道具”に巡り合うと工具屋魂(?)がメラメラと燃え上がってしまいますね!( ̄∇+ ̄)vキラーン
ここでGETした家族へのお土産がこちら!

HENCKELS(ヘンケル)の“ファイブスター(5つ星)”の包丁と、カッコイイ砥ぎ機の2つ。

本当は専用の砥ぎ棒や砥石を使用するのが良いのでしょうが、絶対に使いこなせないだろうと言う事で簡易的な砥ぎ機にしました。

円高ユーロ安も手伝って、結構安くGETする事が出来ました!(o^-')b グッ!

さらにタックスリファンド(税還付)でお金が戻ってくる為、本当に安い・・・と思っていたのですが落とし穴が、、、!?


フランクフルトの空港でタックスリファンドを受けようとしたところ、品物を見せないとダメと言われ、、、

「(゜゜;)エエッ、もう荷物預けちゃったよ!だって、荷物預けないとここ入れないでしょ!」

と言ったのですが、「外にも在ったでしょ」と取り付く島もありませんでした。

ドイツ人は規則正しく、ルールを遵守するという素晴らしい美徳を持っているのですが、その反面、融通は利かない様です。(ーー;)

いろんな意味で勉強になりました。。。
 
飛行機を待つ間に空港内のマクドナルドで一休憩。

ドイツのマックはポテトがうまい!バーガー自体は味が薄い?そんな感じでした。(^^;;


さて、いよいよ帰国。もう何も起きないだろう、と思っていたのですが、ふと青ざめる出来事が、、、。

それは・・・

「ケータイ失くした!!」( ̄Д ̄;) ガーン

何と、出張用に借りていた海外用のレンタル携帯を紛失してしまったのでした!

保険に入っていた為、弁償費用は1万6千円程で済みましたが(それでも痛い出費ですが)、当初「どうせ失くさないだろう」と高をくくって保険に入るのをためらっていた為、この時ばかりは「本当に入っていて良かった、、、」と胸を撫で下ろしました。(〃´o`)=3 フゥ

ちなみに保険に入っていなかった場合、8万円くらい弁償させられる様です。。(((( ;゚Д゚)))ブルブル

・・・皆様も保険にはちゃんと入るようにしましょう。(^^;;
最後にトラブルはあったものの、とりあえず無事帰国。

正直まともに睡眠も取れない程のハードスケジュールでしたが、色々貴重な経験が出来、とても楽しく、そして実のある出張でした。

2年後のツールショーにも是非参加出来たらと思います。


最後までご覧頂きありがとうございました!m(_ _"m)ペコリ

板橋本店の小澤がお送り致しました。