• トップページ
  • ご利用ガイド
  • ショッピング
  • 取り扱いメーカー
  • スタッフブログ
  • 店舗紹介

Now Loading...


ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

The report on March 27 , 2012

EUROツールショーリポート in ケルンメッセ ~詳細報告その3・WERAブース!~

こんにちは! 板橋本店の小澤です。

今回はEUROツールショーの詳細報告第3弾として、WERA(ヴェラ)ブースをご紹介させて頂きたいと思います。

WERAはヨーロッパでもシェアNo.1を誇る世界的なドライバーメーカーで、ドライバー、ヘキサゴンレンチ等で特に高い人気を勝ち得ているブランドです。

その存在感の大きさは会場内でもひしひしと伝わってきます。

こんなモニュメントがあちこちにあるのもその1つ。
ついつい浮かれて記念撮影をしてしまいましたが、周りを見てもそんなことしている人は誰もいませんでした。。。

もしかして「OH!ジャパニーズクレイジーね!」と思われたかも!?
それでも飽き足らずこんな記念撮影まで・・・。

・・・ボスからの視線も痛いので、そろそろ仕事に戻ります。。。(・_・;

しかし私が頭をくわえ込まれているこのレンチは一体??
;JOKER?」 新商品の臭いがプンプンしてきましたヨ!!

こうなったら早くWERAのブースへ行かないと!!

ふと足元を見ると、妙な足跡が???

何とこの足跡を辿って行くとWERAのブースまで案内してくれるという面白い仕掛けが!

こんなことやってるメーカーさんは他になく、WERA社のセンスと遊び心を垣間見た気がしました。。。
そして、ついにWERAブースに到着!!

さすがは天下のドライバーメーカー、既に沢山の人が詰め掛けており、他のブースに比べても一際賑わっていました!
巨大なドライバーグリップのモニュメントや大きなスクリーンなど、目を引く趣向も凝らしており、遠くから眺めただけでもわくわくしてしまいます。(*^^)
ブース内ではWERA社のアイテムを実際に触って説明を受けられるデモコーナーがあったり、Zyklop(サイクロップ)ラチェットを体感できるデモ用レイアウトがあったりと、多くの人が立ち止まり、興味津々になっていました。
又、WERAブース内にはテーブルやカウンターが並び、軽食を無料で注文出来たりと、ブースに来た人たちを楽しませる為の様々な趣向が凝らされていました。

中にはレバーがWERAのレンチ型になったスロットマシンまで・・・。
しかし、もちろん私の興味はブース内に所狭しと並んでいた工具たちに集中します。

ずらっと並ぶWERA社のアイテムの数々には圧倒されるものがありました!
そして、前日夜にレストランでの会食で同席した、WERA社のアジア圏の営業部長であるラルフさんと再びお会いし、ブース内にある別室でのミーティングを行なう事になりました。

その際ラルフさんから突然プレゼントを頂くなど、サプライズもありました。(ラルフさんありがとうございます!)

WERA社はヨーロッパでは圧倒的なシェアを誇っていますが、日本ではPBなどに比べて後発になってしまった事もあり、日本国内での知名度は必ずしも高くはありませんでした。

しかし、その中でも、他の工具屋さんが始めるよりずっと以前からW.I.T.ではWERA社の商品を大々的に取り上げてきており、その良さを日本のユーザーに宣伝してきました。

現在では知名度もかなり上がってきており、 幸いにもその辺りの実績をラルフさんも買ってくれている様で、今回日本市場における重要なパートナーとしてこの会談が実現した経緯があります。

WERA社の最高傑作ダイヤモンドスクリュードライバー”を扱う事が出来るのも、WERA社との関わりが深いからこそなのです!(実は現在のところダイヤモンドドライバーを扱う事が許されているのは、当社を含めたほんの一握りの工具屋さんだけなのです!)
このミーティングでは、日本の工具市場の現状を伝え、又、こんな商品を造ったら売れますよ!という提案を行なってきました。

又、実際にWERA社の製品をご購入頂き、ご使用頂いた一般のお客様からの声を伝えさせて頂き、WERA社の製品における改善点を提案しました。

こちらからの提案に対してラルフさんの真剣な眼差し、真摯な対応が印象に残りましたが、日本の工具市場が世界的に見て必ずしも大きくない事も有り、実は数年前まではなかなかこういった提案を真剣に聴いて貰うのも難しかったと聞いています。

それだけ、現在ラルフさんを含めたWERA社の方々が日本へ好意的になってきている証拠でも有るのではないでしょうか?

是非日本からの“声”を製品に反映して頂きたいと思います。


そして、もう1つこのミーティングで挙がったのは、当然ながら新商品の話!
ラルフさん自らi-Padを利用しながら説明して頂きました。

・・・ちなみに、当社のボスがこのi-Padを落っことしてしまい、その場の全員が固まったというエピソードが、、、。(ラルフさん、ごめんなさい。i-Pad無事で良かったです。。。)
そしてこちらがその新商品!モニュメントにもあったWERAのレンチ「;JOKER」です!

他社では見た事もない凝った造りのレンチですが、レンチ中央部の凹凸の付いたマークは紛れも無くWERA社自慢のドライバーグリップのマーク!

そしてメガネ部分はギアラチェットとなっており、早回しの際に重宝します。
しかし注目はオープンエンド部分!

表面は6角ベースになっていますが、裏面は何と12角をベースにした造りに!!

これには、いくつかの利点があります。
6角部分を下にし、ナットを落とさずに作業をする事が出来たり、逆に6角部分を上にして、指をかけないでも上から押さえつけながら作業する事が出来るのがその1つです。

いずれも6角と12角のズレを利用してボルト・ナットを引っ掛ける使用方法です。

ちなみに、6角部分の平行になった2面にはギザがついており、ボルト・ナットへの喰い付きを良くしています。
裏側からみるとこんな感じです。

又、12角ベースになっている為、30度という通常より小さな振り幅で作業が行なえるのもメリットの1つです。

只、惜しむらくはそのサイズ設定がヨーロッパ向けであること。

現時点では10、13、17、19mmのみのラインナップとなっており、日本で需要の高い8、12、14mmは設定されていません。

但し、今後の売れ行き如何ではラインナップも増えていくかも・・・!?

もちろん取り寄せは可能ですので、欲しくなってしまったWERAファンの皆様はお気軽にお申し付け下さい!(* ^ー゚)ノ
・・・と思ってたら早くも4本セットが入荷してきちゃいましたぁ!!

初回入荷分には限りがございますので、欲しいと思った方は直ぐにご連絡下さい(*^^)



最後までご覧頂きありがとうございます!

次に向かったブースや如何に?? To Be Continued !!

板橋本店の小澤がお送り致しました!