• トップページ
  • ご利用ガイド
  • ショッピング
  • 取り扱いメーカー
  • スタッフブログ
  • 店舗紹介

Now Loading...


ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

The report on March 16 , 2012

EUROツールショーリポート in ケルンメッセ ~詳細報告その1・序章~

こんにちは!板橋本店の小澤です。

ドイツから帰国して1週間が経過し、ようやく時差ボケから開放され、普段の生活リズムを取り戻す事が出来た今日この頃、、、。

毎日が目まぐるしく過ぎ、既にドイツへの出張が遠い昔の様に感じられますが、本日よりいよいよ出張期間を振り返り、ケルンのツールショーの詳細報告を行なっていきたいと思います。

、、、とはいうものの、まずはウォーミングアップ期間として、本日はツールショーに突撃取材を行なうまでの足取りをご紹介させて頂きたいと思います。(*^^)
     
ヨーロッパ最大のツールショーとなる今回のショーは、2年に1度ドイツ・ケルンにて開催されている工具業界の一大イベントです。

今回そこでの取材を敢行するわけですが、、、

ドイツはまさに地球の反対側、、、 ドイツはおろかヨーロッパ自体始めての経験の為、今回行くまでは不安だらけでした。。。

しかも今回は、、、
何と!出張のわずか1週間前に突然当社のボスから「ヨーロッパ行くぞ!」と声がかかり、、、

「パ、パスポートあったっけ・・・!?」と、ほとんどパニック状態で準備を進める事に。。。(ーー;)

まさに波乱の幕開けとなったわけですが、、、始まってしまえば初めてのヨーロッパとツールショーへの期待に胸が膨らみます。(*^^)
          
今回お世話になったのがルフトハンザ航空、世界最大の2階建て旅客機!

・・・とその前に、ドイツは食がまずしい?という話も聞きますので、今のうちに日本食を堪能しておきます。・・・もちろんビール付きで。

・・・もちろんこれも仕事(?)です。・・・ええ仕事ですとも!

ドイツまではシベリアルートで11時間のフライトタイムとなりますが、さすがに世界最大の旅客機だけあり、揺れもほとんど無く、まるでどこかの室内にいる様な不思議な感覚を味わいながら、しかし眠れず!11時間のフライトタイムに耐える事に。。。(・・;)
         
ようやくフランクフルトに到着!
ここからは高速鉄道に乗り込み、北へ1時間程進みます。
・・・車内でももちろんビールを堪能し、、、あ、いえいえ、もちろん仕事ですよ。(^^;;

ちなみに車内も綺麗で快適なのですが、細部を見ていくと、やはり日本の新幹線ほどのクオリティや清掃等も含めた管理の徹底はされて無いなぁ、と改めて日本の新幹線の凄さを感じました。
         
そしていよいよケルン
ケルン中央駅を出るとすぐ隣に聳え立つのは有名なケルン大聖堂
ユネスコ世界遺産にも登録される歴史的建造物で、まさに圧巻の一言です。
中に入って観光している時間は無い為、今回は外観を眺めるだけでしたが、もし今度訪れる機会があったら是非見学してみたいと思います。
         
そこから一路向かったのは今回宿泊するホテル。
ちょっと田舎にある為、ケルンメッセまでは少し距離がありますが、見晴らしは良いです。
石造りのヨーロッパ風建築を目の当たりにすると、ようやく日本を離れた実感が沸きますね。
しかし周りに何も無い!!まあ東京は便利過ぎるのかな?とも思いますが・・・。
         
この日はほぼ移動だけで終始しましたが、最後の予定として、世界有数のドライバーメーカーでもある“WERA(ヴェラ)”社との会食を行なう事に!

しかし、私たちがレストランに早く着きすぎてしまい、店内で1時間以上待つ事に。。。
その間、ひたすらビールが、“わんこそば方式”で出てきましたが、ドイツのビールは非常に飲み易く、味わい深く、さすが本場とうなずける美味しさでした。(* ^ー゚)ノ

しかし、ビールの置き方が、日本人ならそっと置くのに、向こうの人は、ガン!と置くのが普通(?)の様で、軽いカルチャーショックを受けました。。。

そして何気なくテーブルに置いてあったメニューを見ると、“WERA”のロゴ入り!

こういうところにもこだわるのが面白いところですね。(*^^)

ドイツらしい芋のスープはなかなかに美味でした!
         
ようやくWERA社の社員さんやWERA社とかかわりが深い各国のエージント達が集合し、会食が始まると、WERAのアジア圏の営業部長であるラルフさん(左写真左下)が同じテーブルに着き、ビール片手に談笑する事に。

この日は挨拶と顔合わせのみで、本格的な商談は翌日以降となりますが、ラルフさん以外にも、同席した面々がそうそうたる顔ぶれで、スペイン、イタリア、ギリシャ等々、一人一人が各国の工具業界を代表する輸入商社の面々との事。 私も日本代表の一員として席を並べる事になりました。

中には日本フリークのおじさんがいたりと、なかなか楽しい会食となりました。(*^▽^*) 

それにしてもドイツ人のウェイターさん、デカッ!(」゜ロ゜)」
         
ちなみにこのお店は、以前クリントン元大統領も来た事があるそうで、ケルンでも有名なお店らしいのです。

そしてこの店の名物料理が、、、実に私の胃袋位の大きさがありそうな、巨大な豚足の焼き物!

この時点で日本時間にして明け方6時、飛行機の中で眠れなかった事もあり、既に朝起きてから25時間が経過していた為、もはや体力の限界の迎えつつありました。

我々日本人メンバーは、睡眠不足でフラフラになっていた為、「2人で1皿でいいよ」と伝えたところ、ドイツでは男同士で同じ皿をつつくのはゲイがやる事とされている、とラルフさんから教えられ、結局1人1皿を頼む事に!

味は素朴で、結構美味しいのですが、、、この体調でこのボリュームはもはや罰ゲーム??

「大和魂」を胸に日本の誇りをかけて(?)戦い、半分位平らげましたが、結局ドイツの「重戦車」の前にあえなく、敗北。。。( ̄Д ̄;;
次に来た時は必ずリベンジしようと思います。
         
いよいよ次回から、本格的なツールショーの報告に移らせて頂きます。

本日も最後までご覧頂きありがとうございました。

板橋店小澤がお送り致しました!