ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

2017年10月01日

大人気エアーツール、IRのインパクトレンチが大特価に!!

こんにちは!

本日は、板橋本店の清水がお送り致します!!(m。_。)m



最近、全日本選手権も無事に終わり、マシンの整備をしながら当時の事を思い出していました!

レース終了後は、清々しさがあったのですが、負けず嫌いな性格なのか、日を追うごとに悔しさが滲み出てきていつか再挑戦する時があったらまた出たい気持ちが強まりました!

今度の休みにでも一人反省会で谷田部アリーナに行って走り込もうと思っている今日この頃です♪



さて、話は変わり・・・・・
今回は、エアーツールで人気のメーカーである“IR(インガソールランド)”のエアーインパクトレンチ2125QTi-MAX2135QTi-MAXです!

Ingersoll-Rand(インガソール ランド)社は、今や130年を越える歴史を持ち、世界のエンジニア達から絶大な支持を得ています!

今回のモデルは、両方共に樹脂ボディを採用し、金属のヘッド部には“チタニウム合金”を使用しているので、他の同等モデルと比べて圧倒的な軽さを誇っています!



回転方向の切り替えは、同社の特許となるのですが、作業時に片手で回転方向の切り替えが可能なワンプッシュ切替ボタンを採用しています。

また、緩める際は常にMAXパワーとなり、締める場合のみレバーで4段階調整が出来る様になっています♪



ではこの2つのモデルの特徴を見てみます。

まず、“2125QTi-MAX"ですが、こちらのモデルは、1/2"(12.7mm)drの差込角ながら3/8"(9.5mm)drサイズのインパクトレンチと同じサイズのボディを採用しており、重量は1.14kg非常に軽量でコンパクトなモデルです!

MAXトルクは締め側で375Nm、緩め側で450Nm(メーカーデーター)です。



実際の能力はいかに?という事で、インパクトテスターを使って測ってみました

尚、インパクトテスターは、実際に何Nm出たか、という事を測るものではなく、あくまで針の上がり具合から性能比較を試みる為のものとなります。

条件は、エアー圧が6Kpa、ホース径が内径でφ8mmにて行っています。

そして、回してみるとグイグイとメーターが上がっていき、20秒締め付けた時点で測定を止め、その時点でのメーターの針は350PSIを指していました!

数値単位が違う為、私的な感覚になってしまいますが、
固く締まった自動車のホイールナットの緩め作業には少々きついかもですが、それ以外の作業には重宝しそうです!

何より軽量・コンパクトなのがポイントで、非常に扱い易いインパクトレンチです。



次は、“2135QTi-MAX”ですが、こちらのモデルも差込角1/2d(12.7mm)rで重量は、1.84kgと同等クラスのインパクトと比較してもかなり軽量となっています。

MAXトルクは締め側で813Nm、緩め側で1057Nm(メーカーデーター)という同クラスの中でも最高峰のトルクを発揮します!



では、こちらも先程の2125QTi-MAXと同じようにインパクトテスターを使って測ってみます♪

クラス最高の出力を誇っているだけにその能力がどれだけあるのか楽しみです♪

早速、回してみると明らかに他と違うスピードでメーターが上がっていきます!

同じように20秒経過したところで、メーターを見てみるとなんと550PSI

しかも流石は最強インパクト、まだ余裕があり、もう少し続けていれば600は超えていたと思われます!

締め付け時は強力なトルクをかけるとボルト破損の恐れがあるので、低めの設定からご使用下さい。

どのモデルも中々のトルクを誇っていて作業スピードも段違いに上がるのではないでしょうか?

しかも、このトルクなのに排気部に消音材が入っているので、音もかなり小さく、周りに気を使う事が減りますよ♪

(注意~実際に発揮されるトルクはエアーコンプレッサーのスペック、設定圧、ホース全長、ホース内径などにより異なります)

ちなみにこの両モデルとも今月から始まっているキャンペーンで大特価になっていますので、要チェックです!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

板橋本店の清水がお送りいたしました!