• トップページ
  • ご利用ガイド
  • ショッピング
  • 取り扱いメーカー
  • スタッフブログ
  • 店舗紹介

Now Loading...


ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

2017年09月11日

知る人ぞ知る!? 国産ヘックスビットソケットメーカー!!

??(^-^*)// コンニチワ!!
マイスター上田です!



本日は!
先日、お客様よりご注文を頂いたコチラのアイテムをご紹介させて頂きます!!



半透明のクリアーケースにセットされているコチラのツールは、、、
EIGHT(エイト)社の
六角ソケットビットセット」と「テーパーヘッド六角ソケットビットセット」です!



エイト社が製造しているツールは、ヘックスレンチ全般を主なるアイテムとして製造しているメーカーで、様々な業種のユーザーから高評価を得ている国産メーカーでもあります。
クリアーケースに入っている状態だと分かりづらいのですが、六角ソケットとテーパーヘッド六角ソケットは全長が異なります。
六角ソケットは全長:110mmとなり、テーパーヘッド六角ソケットは六角ソケットよりも若干長い130mmとなります。



こちらが六角ソケットビットとなります。
ロングタイプのヘックスソケットですが、国内メーカーでは比較的少ないビット部根本から先端が同サイズ形状の為、穴の直径が小さく、かつ深い様な場合でも使用可能です。
トルクが必要とされる箇所でお薦め出来るロングヘックスソケットの一つです!



そしてこちらがテーパーヘッド六角ソケットビットです。
先ほどの六角ソケットビットと比較して、先端形状がトルクが掛けられない事もあり、20mmほど長めの設定となっています。
エイト社のヘックスビットはいずれのタイプもユーザーから評価を得ていますが、特に注視されるのがこのテーパーヘッドタイプです!



一般的に角度を付けて回せるヘックスレンチの場合、形状としては上記の画像の様に、ヘックス部分が丸くなっており角度を付けてキャップボルト等を回せるレンチを指します。
ところがエイト社の製品名を見てお気づきの方もいらっしゃるのではないかと思いますが、先端がいわゆるボールポイント形状の様になっているにも関わらず、ボールヘックスとは紹介していません!
何故かというと・・・ボール形状ではないからです!!



エイト社ではボール形状ではなく、上記の説明の様にテーパー形状となっているのです!!
確かに角度等によってはボール形状の方が使い勝手が良い場合もありますが、ボールであれば常に線状の接触面しか得られないので、テーパー形状によって得られる接触面積の増大は、他社にはない非常に大きなメリットとなります!!



先端部をアップで撮影してみましたが、ボールポイントとは明かに異なる形状となっています!
言葉で全てを伝えるのは難しいのですが、ボールポイントヘックスとテーパヘッド六角ビットで回した時の感触は明らかに違います。
角度を付ける際の滑らかさはやはりボール形状の方がスムーズですが、20°位の角度を付けて回した際のトルクの伝達感は明らかにテーパーヘッドの方が上だと個人的には感じました。
機会がありましたら、ボールポイントとの違いを是非比べてみて頂きたいヘックスソケットです!



本日も最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございます。


WIT 板橋店 上田でした。