ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

2017年08月16日

TOOL Question!「この形状の名称」答えられますか?

皆さん、こんにちは!こんばんは! 江戸川店の「ノム」ですっ!


近年の自動車やバイク、更には自転車まで、ひと昔前の国産車ではあまり使われなかった形状のボルトやサイズが多く使用されるようになりましたね!

いざ、直面すると「コレ何て名称?」「サイズはどう測ればいいんだろう?」と悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

という訳で!
本日は、工具にまつわる「形状の名称」「サイズの測り方」などをお話していきたいと思います!

では、いきなり問題です!ジャジャン!


解りましたか?正解は・・・・・のちほど説明します!



ではまずは、基本の「ドライバー編」から!

①名称:Phillips=フィリップス
誰しもが目にする形状ですよね!日本では「プラス」と呼ぶ人が多いです。
サイズの呼び方・表記は「No.1」「2番」と呼ばれ、「PH 1」「#2」などと表記されてます。

サイズはJIS規格で定められた 0番/1番2番/3番 の4種類のサイズの他に、
精密の小さな“000番、00番”から、大きいサイズで“4番”なども存在します。

特に赤字1番2番は使用頻度の高いサイズなので持っておくことをオススメします!


②名称:Slotted=スロッテッド or Flat=フラット
今ではあまり使用されなくなりましたが、日本で言う「マイナス」です。
主に“ビンテージ”の自動車や家具や楽器などに多く使用されていることが多いです。

サイズの呼び方・表記は、プラス同様に番手で伝える方が多いのですが、当店で唯一、番手を振っているのは「PB SWISS TOOLS」のみで、基本は「幅:6.5mm (x 厚:1.0mm)」と表記されていることが多いです。


③名称:Pozidriv=ポジドライブ
イギリス発祥のプラスの十字穴から45度ずれた位置に「溝」がある形状で、ヨーロッパでは多く使われ、オールドタイプの“ローバーミニ”“ベスパ”などにも使用されており、また“IK〇A”の家具のネジもポジドライブを使用しているとか・・・・

過去に100均のネジを何も気にせずプラスドライバーで回していましたが、あまりにもナメるのでよく見たら・・・・・「っ!!ポ、ポジっ!」と驚いた記憶があります。

サイズの呼び方・表記は、プラス同様「No.1」「2番」と呼ばれ「PZ 3」などと表記されています。
サイズは、0番/1番/2番/3番/4番の5種類。



では!お待ちかね、問題の答え合わせをして行きましょう!まずは、この3つ!



マイナスやプラスに起こる「カムアウト現象」を抑えるために生まれた形状で、
主に“BMW”“フォルクスワーゲン”の自動車・オートバイなど欧州車に多く見受けられます。

また近年では、国産車、自転車などにも使用され身近なものになってきていますが、
少し前の日本では普及していなかったため“いたずら防止用”に使用されていました。

サイズの呼び方・表記は、その頭文字を取って「T10」などと表記されています。



トルクスに比べて山の部分が平たい形状になっており、 トルクスよりも、より強いトルク、耐消耗性を備えています。

サイズの呼び方・表記は、「20IP」などと表記されています。



“ベンツのミラー”に使用されているのが代表的なトルクスプラス(以下:IPR)。
トルクスが「6個の突起」に対して、IPRは「5個の突起」になっています。

そのため「ファイブスター」「ペンタローブ」「ファイブロブ」など様々な名称で呼ばれてもいます。

サイズの呼び方・表記は、「15IPR」などと表記されています。


各形状のサイズの測り方が↓コチラ↓の寸法表を参考にご確認ください!
←「S」→の最大幅を測り、その寸法が何mmかによってサイズがわかりますよ!

(例)TORXで最大幅が「5.6mm」「T 30」となります。





また、IPRの形状の中心に 「穴」が開いていますが、これはIPRだけに限らず、トルクス、トルクスプラスにも存在し、ねじ側の中心部に「いじり止め」と呼ばれる突起のあるネジを回す形状です。

「じゃぁ、いじり止めを持ってれば両方回せるよね?」と聞かれますが、絶対オススメしません!確かに回すことは可能です。
しかし、中心に穴が空いている分強度が落ちると言うことです!

万が一高トルクがかかった場所の突起の無いトルクスネジを穴開きトルクスで回した際、工具が破損し怪我をする可能性が考えられます。安全に作業をするためにも合ったものを使いましょう!


はい!本日はここまで!
思ったより長ぁ~いブログになりそうなので、残り2つは次回にご説明します!

いかがでしたでしょうか?
これで、トルクス・トルクスプラス(IP/IPR)のサイズはバッチリですよね!?
サイズに困った時の参考にして頂ければ幸いです。

では、最後に皆さんへ宿題問題です!!





本日も最後までご覧頂きまして誠に有難う御座います。
WORLD IMPORT TOOLS 江戸川店 野村 でした!!