ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

2017年08月11日

外車乗り必見!高電圧・高電流から電子回路を保護するアイテム!

本日11日(金)は“板橋本店・ヒグチ”が担当させて頂きますので、最後まで宜しくお願い致します!

先日、家族が沖縄へ旅行へ行った際に、海のキャビア(グリーンキャビア)とも呼ばれている人気の高い海藻海ぶどう”をお土産に・・・



早速食べてみると・・・プチプチとした食感はとても美味しく、癖になりますね~(*^^*)
お酒のおつまみにも最高でしたー

・・・話は変わり、バッテリー交換時や鈑金作業を行う際に大切なクルマを守る

サージプロテクター



をご案内させて頂きます。

このアイテムは簡単に言うと、極度の高電圧(スパイク)・高電流(サージ)から、電子機器・コントローラー回路など保護する為の工具となります。



これはお客様から聞いた実話なのですが、車検にてお預かりした車両(ドイツ車)のバッテリー交換を行った際、ナビなどのバックアップを取りながら古いバッテリーを外し、新しいバッテリーにターミナルをセットした瞬間にパチッパチッ!”と言う音がして取り付け完了。そして、キーをオンにするとメーターインジゲーターが点灯しない・・・

そうです、ターミナルをセットした瞬間にマイナス側から高電流=サージが一瞬で流れメーターの基盤をショートさせていたそうです・・・

そんな際にこのサージプロテクターをセットすれば、トラブルを回避出来るのです!



次にクルマの鈑金修理を行う際は スポット溶接やプラズマ切断など高電圧による作業があり、以前のクルマは電子制御も少なく、安全も考慮してバッテリーを外して作業を行っていました・・・

今時のクルマは1度バッテリーを外すと、ナビのデータやパワーウィンドーなど、セッティングしてあった情報が一部を除いて消去され、再セッティングが必要となるので、外すのも・・・

そんな時、このサージプロテクターをバッテリーのプラス端子とマイナス端子に繋ぐだけで、バッテリー経由で流れる高電圧・高電流を防ぎ電子回路を保護する事が出来ます!

尚、このモデルは12V/24兼用となるので、トラックまで幅広くお使い頂く事が出来ます。



使い方も簡単で、赤いクリップを(+側)に、黒いクリップを(-側)に確実に接続し、緑のランプが点灯すれば正常で、赤ランプが点いた場合は漏電など問題があります。

(※プラズマ切断時など継続して発生する高電流にも対応しています。)

以上、簡単に説明をさせて頂きましたが、価格的にもかなりお買い求め易い価格となっているので、気になる方はお早目に各店までお問い合わせください!

本日も最後までご覧頂き、有難う御座います!

W I T ( ワールドインポートツールズ ) 板橋本店 ヒグチ