• トップページ
  • ご利用ガイド
  • ショッピング
  • 取り扱いメーカー
  • スタッフブログ
  • 店舗紹介

Now Loading...


ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

2017年02月15日

幅広い業種の方に高人気のタップソケット&レンチのご紹介!!

??(^-^*)// コンニチワ!!
マイスター上田です!



不具合は常に突然起きる!?!?
訳ではなく、単純に普段からのメンテナンスもしくは事前の対応を怠ってしまったが故に起きるケースが私の場合は特に多く感じられるのですが、今回もこのパターンで発生しました。。。
今回のトラブル発生元は・・・
私のPCです!!



ブログ画像のサイズ修正を行い、終わった後にフォルダを切り取り→貼り付けをした際、画像の幾つか消えてしまいました!!「そんなはずは・・・」と考え、ゴミ箱も含めディスク中のファイルを検索しましたが、どうしても見つかりません!
色々と考えましたが、この結果からどう考えても記憶領域に問題が発生したとしか思えません。。。
もしやハードディスクに問題があるのでは???と考え、早速ハードディスクの状態を教えてくれるソフトを検索したころ、多くのサイトで高評価を得ている「CrystalDiskInfo」というフリーソフトを見つけたので、早速インストールしてみました!



インストール後、アプリを起動すると上記画面が現れるのですが、見てビックリ!?
黄色の注意マークが点灯しているではないですか!!
取り急ぎ、以前使用していたハードディスクを引っ張り出し、重要なデータを移動させておきました。
環境や使用時間等によって大きく変化する様なので一概には言えませんが、上の画像で使用時間という項目があるのですが、これが1万時間に近くなるとそろそろ寿命と考える方が多い様に感じられました。
因みに右画像が新品のハードディスク情報なのですが、PCを良く使用される方は事前にこの様なソフトをインストールしておくと、大きな問題が回避出来るかも知れません。。。 !(^^)!



さて前おきが長くなりましたが、本日はコチラのアイテムをご紹介させて頂きます!



以前より既にご紹介させて頂いているツールではありますが、登場してから時間が経過しているにも関わらず、広い業種の方々に愛用されているタップソケット&レンチです!
このタイプの先駆け的存在でもあるのが、こちらの「HAZET(ハゼット) タップホルダー 849IG」です。



大きさが2種類あり、写真の左側の小さいホルダーがタップサイズM3-M6対応のホルダー(849IG-6.3)となり、右側がM8-M12サイズ対応のホルダー(849IG-8)となります。
このハゼットのホルダーはソケットエンドが、スクエアの差込角ではなく、ビットと同じサイズになっているのでビットホルダーに取り付けて使用する事が出来ます。
(849IG-6.3:1/4HEX 849IG-8:5/16HEX)



続いてコチラの「W.I.T. ラチェットタップレンチ」も人気のアイテムの一つです!
このタップホルダーは、ハンドルを取り付けて通常のタップハンドルと同じように使用出来るのですが、ハンドルを抜いてホルダーのエンド部にある差込角(3/8dr)か六角部分(17mm)にラチェット&エクステンションもしくは17mmのソケットやギアレンチ等を使って回す事も出来るので、インテーク/エキゾーストマニホールドなどの様に、タップハンドルが干渉してしまい、上手く回せない箇所などで非常に重宝する構造となっています。



さらに本体には、締め/緩め/固定が可能なラチェット機構も内臓されているので、ラチェットハンドルを使わずとも効率よく作業する事が可能となっています。
尚、ギアは24枚、タップサイズはM3-M10サイズ対応となっています。



そしてこちらが昨年ラインナップに加わった「W.I.T. 1/2drタップソケット」です!
名称にもある様に差込角が1/2(12.7mm)drとなっているので、先ほどのラチェットタップレンチと比較するとかなり外径が大きいのがお分かり頂けると思います。



このタップソケット自体の重量がある為、差込角の外周には脱落防止機構が備わっています。
ラチェットハンドルやエクステンション等を装着した後、このイモネジを締める事でホルダーの落下を防ぐ事が出来ます。
このホルダーの最大の特徴は、他メーカーでも設定が少ない大きいサイズのタップに対応している事です!
タップエンドのスクエアサイズ(対辺)で約12mmものタップ(約M20相当)を咥える事が出来ます!!
M12対応のスタンダードタップハンドルとなると、ハンドル長が300mm弱となってしまうケースもあるので、ラチェットハンドルで使用可能なこのタップソケットも人気アイテムの一つとなっています!



そしてつい先日入荷したのがこちらのNEWアイテム!!
IRWIN アジャスタブルタップソケットです!!!



本体サイズはほぼ同じですが、先端のタップホルダー部のサイズが異なっています。
使用可能なタップサイズは、小さいモデル(1766068)がM3-M6、大きいモデル(1766069)がM6-M12対応となっています。



このタップソケットもハンドルが着脱可能となっており、本体エンドの六角部は1inch(25.4mm)となっています。
またその中心には3/8(9.5mm)drの差込角も設けられているので、こちらもラチェットハンドル&エクステンション等も使用する事が可能です!
以前と比較して、タップソケット&レンチが様々なメーカーから紹介されたので、お手持ちの工具や使用箇所によってベストと思われるタップソケットを選ぶことが出来る様になりました!
もし迷われた際には、お気軽に両店スタッフまでご相談下さい!!



本日も最後まで御覧頂きまして、本当に有難う御座います。

WIT 板橋店 上田でした。