• トップページ
  • ご利用ガイド
  • ショッピング
  • 取り扱いメーカー
  • スタッフブログ
  • 店舗紹介

Now Loading...


ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

2017年01月09日

HONDA S660 のミッションオイル交換に挑戦!!

こんにちは!そして、明けましておめでとうございます!
本日は、板橋本店の清水がお送り致します!!(m。_。)m



年末、年始は皆さんどうお過ごしでしたか?
私はと言うと、マイカーの軽いメンテナンスだったり部屋の掃除だったりと普段中々出来なかったことをしておりました(*^ワ^*)

年末付近からギヤの入りが悪くなって、メーターの距離数を見てみると、納車から9200Km走っていて、エンジンオイルは2500Km~3000Km毎ごとに交換していたのですが、ミッションオイルを交換していないことに気づき、せっかくだから自分で交換してしまえと軽い気持ちで実行してみました♪O(≧∇≦)O イエイ!!

まず、前準備として車を持ち上げてジャッキスタンドを掛けようというところで、まさかの事態が!
工具を仕舞っている倉庫を探してもジャッキスタンドが見つかりません・・・ガ━━━━━━━∑(゚□゚*川━━━━━━━━ン!
ジャッキは有るのですが、まさかのジャッキスタンド紛失でいきなり作業がストップする事に・・・(´△`)↓
色々あれやこれやと考えても中々いい答えが見つからず、最終的に以前からマフラー交換等でお世話になった友人に訊いてみると持っているとの事で、何とか作業が出来る環境をゲットしました!
しかも、手伝ってくれるとの有り難い言葉も!(●´人`●)



という事で、どうにか作業に取り掛かかる事が出来ました!
まず車をジャッキアップして覗きこむと、ミッションの下あたりに黒い樹脂製のアンダーカバーが有るので、まずはそれを外します♪
アンダーカバーは、樹脂製のボルトが使われて固定されていました。(o-´ω`-)ウムウム
その樹脂製のボルトだけ外せば、アンダーカバーが垂れ下がってくれるので、今回はその状態で作業を進めていきます♪

アンダーカバーを下げた状態でミッションケースの側面が覗けるようになり、ここでようやくドレンボルトが現れます!ルンルン((´I `*))♪
ミッション下部にはオイル排出用ドレンボルト、上部には注入用フィラーボルトがあり、写真の赤丸が排出用、黄丸が注入用になります。



そして、そのドレンボルトを良く見てみると、、、
何やら四角い形状しているではありませんか!(; ̄Д ̄)なんですと?

噂でちょいちょい聞いていたのですが、まさか自分の車にも使用されていようとは!
しかし!この部分は事前に調べておいたので、専用ソケットを用意しておく事が出来ました!( ̄▼ ̄*)ニヤッ
ここで登場するのが、日本のソケットメーカーで有名なKo-kenドレンプラグソケットです!
このソケットは差込角3/8drで6、8、10、12mm、5/16、3/8、1/2inchのスクエアサイズがラインナップされており、差込角1/2drでは8、10、10.5、12、13、13.5、19、20mm、3/8、1/2inchがラインナップされています♪

そして今回使用したのは、3/8drの3/8inch(9.5mmスクエア/3110A)を使用しました!フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!
また排出したオイルを入れるトレイは、W.I.T. ステンレストレイをチョイス!
不純物を含まないステンレス製ですので磁気がなく、実際に食品用としても使用できる程の高品質なトレイなので、あらゆる環境で適応でき、大変重宝していますO(≧∇≦)O イエイ!!



最初は、トルクがかかっていた為、開けるのに若干苦労しましたが、無事に外すことが出来ました♪
排出した瞬間、真っ黒なオイルが勢いよく出てきて正直かなり驚きました!(写真左)
新品オイル(写真右)と比較してみると、その違いが一目瞭然です。。。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ



ドレンボルトをブレーキクリーナーでしっかり洗浄して、ワッシャーも新品に交換!約40Nmのトルクで締め付けます。
次にフィラーボルトを17mmのメガネを使用(かなりのトルクで締まっていました)して外し、注入準備を始めます♪

ここで、ミッションオイルを注入する際に用意したアイテムが、ショックアブソーバーやサスペンションで著名なメーカーでもあるトキコ社製のギアオイルポンプとして有名なTOKICO オイルサーバーII です!
こちらの使用方法は非常に簡単で、付属パーツを取り付けた後、オイル缶にノズルを差し込んで、更にホースの先にあるニップルをミッションの注入口に差し込んでセット完了です(*^ワ^*)
後は、ポンプを上下させれば、オイルが入っていき、注入口から漏れ出す位まで入れていきます(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ゥィゥィ♪
因みにワンストロークで約100mlのオイルを注入することができます!
漏れてきたら、満タンの証でもありますので、フィラーボルトを約40Nmのトルクで締め付けて注入作業完了です!!

後はケース等に付着したオイルをしっかり拭き取り、アンダーカバーを付け直して完了です!



なお、排出したオイルの処理に大変便利なのが、ESP ホワイトファインファイバータオル(OIL吸着マット:3枚)です!
このマットはポリプロピレンを主原料とし、水分は吸わず、油のみを吸着させる特徴があり、1枚分で0.91Lのオイルを吸う事が出来るのです(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ

今回のミッションオイルを交換したことで、物凄くギヤの入りが良くなって、気持ち良いフィーリングが復活しました♪O(≧∇≦)O イエイ!!
今回の作業で日頃のメンテナンスの重要性と楽しさ実感できた今日この頃でした!

本日は、最後までお付き合い頂き有難う御座います!O(≧∇≦)O
本年も何卒宜しくお願い致します!

板橋本店の清水がお送りいたしました!