• トップページ
  • ご利用ガイド
  • ショッピング
  • 取り扱いメーカー
  • スタッフブログ
  • 店舗紹介

Now Loading...


ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

2016年12月28日

新商品のコンパクトかつハイパワーである電動インパクトのご紹介!

こんにちは!  本日は、板橋本店の清水がお送り致します!!(m。_。)m



最近、プラモデルを作っていることが多くなったのですが、たまには接着剤がいらない物を作りたいなと思い、私のごった返した部屋から探してみると、以前に購入していた金属製の飛行機モデルを発見!
内容を見てみると、パーツを切り離して折り曲げて接続するだけで大丈夫、と記載されていたので、早速以前にご紹介させて頂いたピンセットを使用しながら作業しました♪

いざ始めてみると、エッチング状のパーツを切り離して接続部を折り曲げるだけの単純作業なのですが、いかんせん細かく、もの凄く集中力のいる作業で選んだことを後悔しそうになりましたが、気合を入れながら無事に完成しました!(´ ▽`).。o♪♪
完成品を見ると改めて、この商品の完成度の高さを実感しました!O(≧∇≦)O イエイ!!



さて話は変わり、今回ご紹介する工具は、インパクトやエアーラチェットで有名なインガソールランドの新商品、電動インパクトレンチ(W5152-K22-JP)です!
こちらのモデルは、差込角が1/2dながらも非常にコンパクトなサイズで、MAXトルクはメーカー公称値495Nm、バッテリーが20Vのモデルです。
ちなみに、使用しているモーターはブラシレスを採用していますので、ブラシが減ってモーターの出力が落ちることが少なくなります♪
ケースを開けてみると、充電器と本体にバッテリーが何と2個も付属する超お得内容になっています♪ワーイ♪\(^ω^\)( /^ω^)/ワーイ♪



そのセットのバッテリーですが、今や当たり前になっているリチウムイオンバッテリーで、冒頭で説明した通りの20Vバッテリーになっています(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
その2つのバッテリーですが、よく見てみると高さが異なっています!
実は、1つは2.5Aタイプでもう一方は5Aタイプ。
作業時間や重さ等で選択できるようになっています♪O(≧∇≦)O

短期的に作業される方には2.5Aタイプの方が小さく重さも軽くなっていますので、腕にかかる負担が少なくなっています!
しかし、連続使用時間が短いので、そういった場合は5Aタイプを選択するといった感じになります!



このW5152モデルは、非常にコンパクトに出来ており、サイズが約170mmで同じ電動インパクトレンチのW7150モデル(約238mm)と比較しても明らかで、ボディが短くなっています♪
そのおかげで、重さも約2.3Kgと軽量になっており、W7150の約3.1Kgと比較すると、腕にかかる負担が大分楽になります♪



更に、こちらのモデルの特徴として、ヘッド部にLEDライトが入っていますので、暗い場所での作業時に手元を明るくさせてくれますv(≧∀≦)v うれし~
この明るさも調整出来、回転方向の切り替えスイッチを真ん中に設定(トリガーを引いても回らない場所)してトリガーを引くと光量を調整できます♪



明るさは、ハイ、ミドル、ローの3段階に更にオフと計4段階の設定ができます♪
明るさの設定を決めたら、そのまま切り替えスイッチをモーター回転に合わせて使用すれば、そのままの明るさを保ったまま作業ができます!



このモデルの最大の特徴は、パワーの調整モードが4種あり、最大パワー/ミッドパワー/レンチ締め/手締めのピークセッティングが可能になります!(ー△ー;)エッ、マジ?!!!
各種、どのくらいのパワーが出るのか確かめてみると、わずか数秒で1000psiに!
ちなみにハイパワーモデルのW7150だと1500psiを超える数値を叩き出します。
コンパクトモデルだけあってそれに比べれば数値上は少し劣りますが、1000越えという時点で充分高い数値と言えます。(数値はトルク値ではありませんので、あくまでも参考までとして下さい)

しかも、確認時にソケットが熱くなり始めてきたので、不安になりストップしたので、そのまま回していたらまだまだ締まりそうな勢いでした!



次にミッドパワーモードですが、最大パワーより半分のパワー設定になるはずなのですが、こちらも回してみると、あっという間に500Psiを超えて800psiになりました!
こちらも、先程と同じで、安全を見てのテストだったので、まだまだ行けそうな雰囲気でした!ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ



次に、今まで見たことが無いレンチ締めモードです!
このモードは果たしてどういったモードになるのかと期待していざテストしてみると、50Psiで止まってしまいましたn(ー_ー?)ン?
今までハイパワーで回っていていきなりこのような極小の数値になってしまい、バッテリー切れを起こしてしまったかと思いましたが、実はこのモードはもう一度トリガーを離しもう一度押すと再び動き出して、また同じ数値分進んで止まるといった感じで少しずつ締めていくモードになっているのです(*ノ・ω・)ノオオオオォォォォ



そして、最後に手締めモードですが、こちらはレンチ締めモードより更に低いトルクで、初めの締め付けは約20Psi辺りで止まり、そしてレンチモードと同じようにトリガーを離してもう一度押すと動くシステムになっています!
こちらのモードは、思いっきり締めていかず慎重に少しずつ締め付けていくために設けられているモードとなっています♪

今までの電動インパクトレンチでは、ハイパワーではあるが、パワー調整が、トリガーの握り具合での調整になってたのが、このモードのお陰で様々な場面での作業が可能となっていますO(≧∇≦)O イエイ!!

最近の電動インパクトレンチは性能も大分高くなっており、エアー環境が無くてもバッテリーさえ充電していればどこでも使用できるので大変便利ですよ♪


気付けば私の今年のブログも最後となってしまいましたが来年も心機一転、新たな気持ちで取り組んで行こうと思っていますので、引き続きよろしくお願いいたします(m。_。)m

本日は、最後までお付き合い頂き有難う御座います!O(≧∇≦)O

板橋本店の清水がお送りいたしました!