ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

2016年12月14日

W.I.Tの新商品アイテムのストレートレンチセットのご紹介!

こんにちは!  本日は、板橋本店の清水がお送り致します!!(m。_。)m



以前に古いラジコンの修理でネジを外したいとご相談頂いたお客様が、つい先日、修復が完了したマシンを持って再度ご来店下さいました!

その修復が出来たマシンを拝見させて頂くと、大変貴重なマシンでした!!

写真ではたびたび見かけていたのですが、まさか実物を直接目にする事になるとは予想もしていなかったので、ついつい興奮してしまいました(*^ワ^*)

こういった今では見られない構造のマシンを目にすると面白さが倍増しますね♪



さて話は変わりますが、今回ご紹介させて頂くアイテムは、
W.I.T. 6pcロングストレートレンチセットです!

ストレートメガネという名前の通りオフセットの無いタイプで、狭い場所での作業で大変重宝するアイテムです(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン

このストレートタイプは、自動車のメカニックさんの間でも大変人気のあるメガネレンチなのですが、今回ついにオリジナルアイテムとして登場しましたので、早速ですが他社のレンチと比較を行ってみたいと思います♪

まずその前に、セットの入り組みの内容ですが、8x10、12x14、13x15、16x18、17x19、22x24mmと国産車から欧州車まで幅広く使用できる内容になっています。
専用のソフトケースも付属しますので、持ち運びでも便利な仕様になっています♪

更に某メーカーにOEM供給しているメーカーのレンチですので、信頼性は抜群です!



では、早速他社のレンチとの比較を行ってみます♪
まずは、ロングレンチですので、長さを比較してみました!
参考にしたサイズは、8×10mmでオリジナルアイテムのレンチは、236mmの長さ(写真左)になっています!フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!

そして、比較したメーカーは、写真右の上からSnap-on、ネプロス、シグネットの順になります♪
各社とも、ロングストレートメガネで大変人気のあるメーカーだけにどの様な違いがあるのか非常に楽しみであります♪



計測した結果、、、

Snap-onが232.7mm、
ネプロスが233mm、
シグネットが235mm

となっていて、わずかにオリジナルが長い事が分かりました。

とはいえ、サイズによっても変わってきますし、それ程大差は無い印象でした。(^^;)



今度は、ヘッド部の厚み(8mm側)の比較をしてみました♪
まずは、W.I.Tのレンチですが、こちらは写真左のように約6.8mmとなりました!
同じようにSnap-onの厚みを測ってみると約7mmになっており、W.I.Tレンチと比較すると0.2mm厚くなっています(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン



次の2つの写真は左がネプロス、右がシグネットとなっています。
ネプロスの場合は、約7mmとSnap-onと同じ厚みになっており、シグネットの方は、7.4mmと一番の厚みになっていました!



ヘッドの厚みの次は、メガネレンチで一番の重要なポイントとなるメガネ部の板厚の比較です!
では、先程と同じようにW.I.Tから測ってみます♪

測る箇所は写真の通り12角の谷の部分で厚みは1.5mmとなっていました!

果たして、これが厚いのか薄いのか期待しながらSnap-onを測定してみるとこちらは1.5mmと同等の厚みになっていました.+゚.+゚(o(。・д・。)o).+゚.+゚



今度は、ネプロス、シグネットですが、いざ測ってみると共に1.7mmと上記のレンチと比べ、0.1mm厚い結果となりました!

以上より、オリジナルアイテムは、比較的長さもありながら、各所の厚みも薄いという事が判明しました!
この結果で気になるのは、長くて厚みが薄いということは強度面で不安になるかと思いますが、メーカーの公称値だと17mmで何と400Nmのトルクを耐える様になっているとの事で強度面でも申し分ない仕様になっています!!
※とは言え、トルクの掛け過ぎは危険ですので、ご注意下さい


勿論、今回比較した各メーカーのレンチも使用実績や使用精度も非常に高いモデルになりますので、使用場所での環境だったり、持った時の感触や見た目の好みもあると思いますので、是非とも参考にしていただけたらと思います!

本日は、最後までお付き合い頂き有難う御座います!O(≧∇≦)O
板橋本店の清水がお送りいたしました!