ワールドインポートツールズ 「スタッフ ブログコーナー」へようこそ!!

このコーナーは、個性豊かで一癖も二癖もある?ワールドインポートツールズスタッフが毎日1人ずつ登場し、好き勝手に”フランク”にお話させて頂くコーナーです♪工具の最新情報はもちろん、工具にまつわる“ギリギリの裏話?”や、果ては全く関係の無い個人的なプライベートなお話(ちょっと恥かしい。。。笑)までと豆知識有り、笑い有り?で幅広くご紹介させて頂きますので、是非楽しんで読んでやって下さい。。。 ブログをお読み頂いて、ご質問、ご意見などがございましたら、どしどしお問い合わせ下さい!皆様のご来店・お問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)/


ブログ内検索 powered by Google

ブログ最新記事一覧

ツールショーリポート

2011年05月20日

メンテナンスの必需品! アルミジャッキ&超低床ジャッキのご紹介!!

                      ??(^-^*)// コンニチワ!!  
マイスター上田です!

大変お待たせ致しました!!

プロユーザー、プライベーターを問わず、軽さが大きな武器(?)となっている
2tonアルミレーシングジャッキ 」がようやく入荷となりました。
多くの方から定評を頂いている高耐久性や、消耗パーツなどのアフターフォローにも対応している事が人気の理由でもあります。

 


 

スペックは、油圧キャパシティが「2ton」、本体重量は「15kg」となり、最低高87mm~フルリフト時で446mmまで上がります。更に、悪天候や手にオイルなどが付いて滑りやすい状況下でも操作がしやすい様にハンドル部には“ローレット加工”を施し、また分割ハンドルの下部分には車両を傷付けない様に“ラバーパッド”を巻いています。
フロントキャスターは直径85mmの大型樹脂ローラーを採用し、リアキャスターには直径55mm、360度回転するスイベルタイプの樹脂ローラーを採用しています。
このレーシングジャッキには、持ち運びと作業をより容易する為、本体前部の左右の位置に、そして最後尾にもハンドルを設ける事で、車両の下からジャッキを引き出す際や車両に積み込みする際の取り扱いが非常に楽です。

 


 

その軽さを証明しようと、久しぶりに気合(?)を入れ、ジャッキを片手で持ち上げてみました!!
重量が15kgしかないので、男性であれば容易に持ち上げられます!

心なしか右肩が上がり、私の表情が引きつっているようにも見えますが、それはきっと気のせいです。。。  (;´д`)

 


 

そしてアルミレーシングジャッキとほぼ同時期に新たに入荷してきた脅威(!?)のジャッキが・・・
コチラの 「スパイダー 超低床型1.5tonロングエアージャッキ」です!!!
最低高がナ・ナント・・・ 70mm!!

今まで見た事も無い位、メチャクチャロープロ仕様のジャッキですが、これがナント Made In Japan!!というのには驚きました。
しかも、、、実はジャッキで有名なマサダ(MASADA)製だというからさらに驚きです!!

実はこのスパイダー(SPIDER)というメーカーは、スナップオン ジャパンが手がけるオリジナルブランドで、今まで培った経験と技術を元に、スナップオンブランドよりも価格を抑えつつ、使い勝手や耐久性などを考えた製品を紹介しているメーカーでもあります。

注目のスペックですが、以下の通りとなります。
最大荷重:1.5ton
最低位:70mm
最高位:590mm
本体全長:1114mm
本体高さ:130mm
本体と床の隙間:10mm
本体幅:190mm
前輪全幅:282mm
後輪全幅:390mm
無負荷時上昇時間(エアー使用時):約40秒
作動エアー圧:約0.8~1.0Mpa
重量:約68.5kg


 

ハンドル上部中央に、油圧バルブ開閉用ノブが有り、その右側にはエアー接続口とバルブ開閉ボタンが設けられています。
ハンドル前方には、ハンドル位置固定用レバー(矢印部分)があり、手動で上げる際は、レバーを上に持ち上げフリー状態にして使用します。

 


 

エアー使用時用のハンドル固定は2ポジションとなります。

 

スパイダー 超低床型1.5tonロングエアージャッキにも樹脂キャスターが採用されています。
樹脂キャスターは、床面にキズを付けないだけでなく、移動させる際も軽やかで音が静かなのが特徴です。

 


 

更に!!
写真中央下部にネジ穴が開いているのが確認出来ると思いますが、この場所には別売りオプションで中間キャスターを設ける事も可能となっています。

常に地面が真っ平らとは限りませんので、コレだけのロング&低床タイプとなると、中間にキャスターがあれば、よりスムーズな移動と安定した作業が可能となります。

 


 

受け皿位置は横から見るとこんな感じです。本当に低い!!です。
実はこの低さを実現する為には、今までのフレームでは強度不足となってしまう為、このモデルには前部フレーム両サイドには、見るからに強固かつデザインも申し分ない補強フレームが溶接されています。

 


 

参考までに2tonアルミレーシングジャッキと受け皿の位置を比較してみました!
矢印の位置が最下部ですが、アルミレーシングジャッキもかなり低い位置にあるにも関わらず、1.5tonロングエアージャッキが更に低い!事がお分かり頂けると思います。
アーム長も異なるので、当然最高位にも差が出ます。

これだけのスペックとMade in Japanという事を考えるとかなり高そう??と思いがちですが、、、
実は価格面でもかなりリーズナブルなモデルとなっていますので、気になる方は各店スタッフまでお問い合わせ下さい。。。

ちなみに、現在まだ、板橋本店限定でサンプルのみの入荷となっておりますので、本入荷の際には改めてご紹介させて頂きます!


機動力バツグンのアルミレーシングジャッキと工場やガレージなどで重宝する事間違いナシ!のスパイダー 超低床型1.5tonロングエアージャッキ!!

どちらも今非常にホットなメンテナンスアイテムです!!


更に本日、超ホットなアイテムが入荷してきました!!!それは、、、

 
PB SWISSTOOL Bike Tool 」がいよいよ入荷となりました!!
非常に多くの方からご注文並びにお問い合わせを頂いており、早期完売となる可能性が御座います!!
気になる方はお早めにスタッフまで御連絡下さい!!


本日も最後まで御覧頂きまして、本当に有難う御座います。

WIT 板橋店 上田でした。